マーケティンング

マーケティングの基本!相手の真のニーズを把握するスキルとは?

 

今回は、マーケティングの基本中の基本『相手の真のニーズを把握するスキル』解説します。

 

 

このスキルを身につけることで、売上UPだけでなく、周りの人間関係が良好になります。

(夫婦関係、恋人との関係、仕事の人間関係、顧客との関係)

 

 

具体的に、こんないいことがありますよ。

具体的効果

  • 売上UP
  • 営業成績が上がる。
  • 出世しやすくなる。
  • ブログで心に刺さる記事が書ける。
  • 人間関係が良好になる。

 

マーケティングの『ベネフィット』を深堀りするためのスキルとも言えます。

※ベネフィット=お客様にとっての価値

 

マーケティングの基本については、こちらの記事で解説しています。

こちらもCHECK

マーケティングの基本について解説します(ベネフィットとは?)

続きを見る

 

 

マーケティングの本質を理解しよう

 

マーケティングは、主に企業が商品を販売する時に使われます。

 

(マーケティングの定義)

 

マーケティングmarketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

 

(wikipediaより抜粋)

 

定義だけ見ると理解しにくいですよね。

 

僕も何度読み返してもスッと頭に入りません。

dohi

 

 

わかりやすくするとこんな感じです。

マーケティング=『商品が売れる仕組みを作ること』

 

 

でもこれって、企業や商売をしている人以外関係ないんじゃ?

僕には関係ないし使えない知識かなー

 

こういう疑問が出ると思いますが、そんなことはありません。

 

あなたにもバッチリ使えるスキルなんです。

 

何故なら、マーケティングの本質は『人の心を動かすこと』だからです。

 

 

(商品)

この化粧品が欲しい → 購入する

 

(ブログ)

dohiblogはためになる、読みたい → ブログに訪問

 

(会社)

dohi君を気に入った → 出世が近づく

 

(恋人)

dohi君が最近気になる → 彼女ゲット?

 

 

このように、自分がのぞむ方向に相手の心を動かせたら、最高ですよね。

 

では、いよいよニーズの深堀りついて解説していきますね

dohi

 

 

なぜ、マーケティングにおいて相手の真のニーズは必要なのか

 

真のニーズを満たすと相手の心を動かすことができます

 

人間は論理ではなく感情で動きます。(感動)

 

この感情は、潜在意識を刺激されることで動きます。

 

人間は、基本的に潜在意識(無意識)で意思決定を行っています。

 

人間の意識は、顕在意識(表面意識)と潜在意識(無意識)に分かれています。

 

自分の意識下にある顕在意識は実は10%程度しか意思決定に使われていません。

 

残りの90%は潜在意識、つまり無意識に意思決定がされています。

 

この潜在意識にこそ真のニーズは眠っており、それは普段は意識していないので本人も気づいていません。

 

だから、この潜在意識に眠っている真のニーズを把握することで、お客様の心に刺さる商品のPRができたり、読者の心に刺さるブログ記事が書けるようになります。

 

 

相手の真のニーズの把握スキル(why×3)

 

では、この潜在意識下にある真のニーズはどうしたら把握できるのでしょうか?

 

『何故?』で『3回深堀り』することです(why×3)

 

この3段階で深堀りした真のニーズを把握することで、心に刺さるPRができます。

 

具体的に解説して行きます。

 

例1:恋活パーティにいく理由

 

恋活パーティのニーズ

(why1)何故、恋活パーティにいくんですか?

→彼女が欲しいから

(why2)何故、彼女が欲しいんですか?

→将来的に結婚もしたいから

(why3)何故、結婚したいんですか?

→親を早く安心させたい(真のニーズ)

 

効果的なPR = この出会いで親を安心させませんか?

 

 

例2:cafeに行く理由

cafeのニーズ

(why1)何故、cafeに行くんですか?

→お洒落な雰囲気でくつろぎたいから

(why2)何故、お洒落な空気がいんですか?

→お洒落な人だと思われたいから

(why3)何故、お洒落な人だと思われたいんですか?

→お洒落だとモテるから(真のニーズ①)

→お洒落な自分に酔えるから(真のニーズ②)

 

効果的なPR① = 女の子が喜ぶ、隠れ家カフェ

効果的なPR② = 自分の世界に浸れるカフェ

 

 

例3:花屋に行く理由

花屋のニーズ

(why1)何故、花屋に行くんですか?

→ちょっといい花が売っているからです。

(why2)何故、ちょっといい花が欲しいんですか?

→彼女にプレゼントしたいからです。

(why3)何故、花を彼女にプレゼントしたいんですか?

→記念日に彼女を喜ばせたいから(真のニーズ)

 

効果的なPR = 記念日に鉄板!女性が喜ぶ花ギフトセット

 

 

 

 

このようにお客様(相手)の真のニーズを把握することで、本当に心に刺さるPRができます。

 

繰り返しになりますが、潜在意識は自分でも把握していない無意識部分なので3回深堀りすることで把握しましょう。

 

 

まとめ

 

・お客様の真のニーズを把握できると、効果的な商品PRだけでなく営業成績、職場での人間関係において効果的な一手が打てる

 

・人間は、感情で動く。 感情を動かすには、潜在意識に刺さるPRを行うと効果的

 

・真のニーズは、why×3で深堀りすることで把握できる。

 

 

実際に使う時は、具体的な相手(ターゲット)を明確にしてから深堀りする必要があります。

ターゲットの真のニーズがわかると、効果的な施策が実行できるので成果が出やすいですよ。

dohi

 

 

 

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

dohi

社会人をしながら、プログラミング学習・ブログ運営をしています。 社会人の学習の大切さや、趣味のコーヒーについてのコンテンツが多い人です。

-マーケティンング

© 2021 dohi blog Powered by AFFINGER5