ブログ 夢をみよう

(社会人にこそ読んでほしい)夢を持つことの大切さと達成方法

 

夢もないし、考えることが面倒だけど、夢って大切なの?
自分は普通の人間だし、夢を抱くことは分不相応かも

 

 

このような疑問に応えるために記事を書きました。

 

 

この記事の内容

  • 夢を持つことの大切さ
  • 夢をあぶりだすコツ
  • 夢を叶える具体的ステップについて

 

 

記事の信頼性

  • 思考は現実化する (ナポレオン・ヒル)
  • 一冊の手帳で夢は必ず叶う (熊谷正寿 GMO・CEO)
  • 七つの習慣 (スティブン・R・コーヴィ)

 

 

わたしは、普通の社会人で平凡な生活をしています。

 

毎日、決まり切ったルーチンに従って彩のない生活をしていましたが、色んな本の影響で夢を持ち生活が一変しました。

 

夢があるってとても素晴らしいことなんです。

 

生活がつまらない、何のために生きているのか分からないなど自分の人生について迷っている方は、是非、夢と向き合ってもらいたいと強く思っています。

 

 

また夢と向き合うことで自分の欲望というか目標がわかるので、時間の使い方なども投資的な使い方となっているかなどを見直すこともできます。

 

 

それでは行ってみましょう。

 

 

なぜ、夢を持つことは大切なのか?

 

夢を持つことは大切だと断言してします。

 

 

理由は、夢は誰でも平等に持つことができるしそもそも夢がないと叶わないからです。

 

 

わたしの例になりますが、元々、夢なんてありませんでした。

 

 

普通に仕事して、普通に飲み屋で愚痴って、普通に家庭を持って普通に住宅ローンを払って死ぬ、そんな普通に送るはずの人生設計でした。

 

 

しかし、冒頭で紹介した著書と触れ合い、夢と出会うことができ、今では夢に向かって毎日猛進しております。

 

 

少し本の中から心を揺さぶる言葉を抜粋いたします。

 わたしか成功できたのは夢と手帳があったからです、この2つなしでは今の僕は考えられない

一冊の手帳で夢は叶う(GMO・熊谷正寿)

 成功の最初のステップは、目標を明確にすることです

思考は現実化する (ナポレオン・ヒル)

 

 

どうでしょうか?

 

 

書かれてある内容に少しでもピンと来た方は是非、ご一読を、お勧めします。

 

 

この本の影響を受けて、わたしもさっそく夢を書き出してみることにしました。

 

 

とっても恥ずかしいし、全然綺麗でもなんでもない欲望丸出しの夢なんですが、公開します。

 

2020年のわたしの夢

  • 自家焙煎のコーヒーショップを経営し、地元ブランドとして確立させる
  • 生豆のバイヤーになり、個人で自家焙煎をしたい人に提供する。
  • ラテアート大会で優勝する。
  • 年収5億円
  • 体重63kgを達成・維持(現在75kg)
  • 愛する妻と子供2人で暖かい家庭を築く
  • 投資で資産を築く(総資産30億)
  • wordpress自作テーマを受注制作会社を立ち上げる
  • マーケティングコンサルタントになる(webマーケティング)
  • 髪をふさふさにする(現在、やや進行中)
  • ブログ収益で生活していく(月に300万の自動収益)
  • ホリエモンチャンネルに出る
  • 本を執筆
  • 人から憧れられる男になる
  • ナンパをしまくって、男としての自信をつける(現在は削除)

 

 

どうでしょうか??結構ぶっ飛んでいますよね。

 

 

わたしは毎年元旦に1年の目標という形で夢を作っていますが、毎年変化しています。

 

 

ただ、これはこれでいいと考えています。

 

 

大切なのは、その時の自分の気持ち(欲望)と向き合うことです。

 

 

わたしも夢を設定してからは、他人のための人生が自分のための人生に変わり、毎日の行動も180度変化しました。

 

 

このブログを書いているのも、夢への行動の一つという訳です。

 

 

夢を考える時間を持つと、自分の欲望と向き合うこととなり、自分の気持ちを知ると同時に自分に正直になることが出来ます。

 

 

夢を持っていない人(夢について考える時間がない人)は、一度、騙されたと思って夢と向き合う時間を作ることをオススメします。

 

 

自分の中の夢をあぶり出すこつ

 

そうは言っても、多くの人は夢を考える習慣もなく、中々考え付かないと思います。

 

 

そこで、実際に夢を考えるときに意識しているちょっとした考えるコツを紹介します。

 

 

(夢を考えるコツ)

  • (できる、出来ない)ではなく、(やりたい、なりたい、欲しい)を基準に考える。
  • 分相応、不相応を意識しない。
  • 夢が出てくるスローガン(人生は一回、やりたいことをやる。他人ではなく自分の人生)
  • 色んな人と会ったり、成功者の本を読む
  • 紙に思いつくままに書き出す

 

 

わたしもそうでしたが、普通の人間なのに高望みしすぎではないか?

 

 

現実逃避していると思われないだろうか?

 

 

こんな考えで身の丈にあった夢で納めてしまおうとしてしまいます。

 

 

しかし、誰に見せる訳でもない、自分だけの夢です。

 

 

そんな考えは捨てて自分の欲望に正直に夢(欲望)を書き出しましょう。

 

 

心配しなくても、自分が考えられる夢はたかが知れています。 

 

 

わたしは色んな本を読んだりして持てる夢のレベルをかなり高めに設定しました。

 

 人は、夢で描いた自分の姿以上にはなれない

 夢がなければ夢を叶えることはできない

一冊の手帳で必ず夢は叶う(熊谷正寿・GMO)

 

 

夢を叶える3つのステップ

 

多くの本や成功者がいう夢を叶えるステップを3段階にまとめました。

 

 

ステップ1:夢を明確にする

 

まず始めに夢を明確にしましょう。

 

つまり、自分のしたいことをはっきりさせましょう。

 

理由は、夢(目標)がないと何も始らないからです。

 

夢の大きさにもよりますが、夢の達成には相当な努力が必要になります。

 

時間やエネルギーの大半を夢に投資して達成する訳なので、日常的な楽しみも我慢することになります。

 

なので、じっくり夢について考える時間を作り、本当に自分がしたいことを明確にしていく必要があります。

 

 

 

ステップ2:夢を達成するための計画を紙に書く

 

ゴール設定の次は、ゴールまでの道順を作り紙に書き出すことです。

 

これは、目的地がわかっていても道順が明確でないと夢を現実に落とし込めないからです。

 

計画を作るコツは、『夢を現実的な問題として考える』『最終期限を作る』

 

期限がない計画は、夢物語で現実的な計画になり得ません。

 

仕事でも、納期がないタスクは達成率が下がります。 

 

夢を現実的問題に落とし込むために現実的な期限を付けましょう。

 

例えば、3年後に3億円の資産を作る夢を持ったとします。 

 

次にするべきは、タスクの細分化です。

 

  • 3億円を達成するための手段(投資、ビジネス等具体的な達成方法)
  • 紙(手帳)に書くということもとても大切なことです。 

   紙に書き、日常的に見返すことで、夢へのアクセス頻度が上がります。

 

 

ステップ3:計画をタスク化して実行

 

計画を作ったら日々のタスクとして現実に実行していきます。

 

これで、着実に夢が達成されていくことになります。

 

年次計画→月次計画→日々のタスク

※ここまで落とし込みましょう。

 

後は、日々のタスクを実際に実行することです。

 

夢は願うだけでは叶いません。 

 

実際に行動を起こしてこそ叶っていくものです。

 

具体的に行動し確実に近づいていきましょう。

 

ここで大切なことは、夢を達成するための時間の創出です。 1日は24時間、誰しも平等に与えられています。

昨日と同じ今日を過ごしていては何も変わりません。 夢を達成するために時間の使い方を棚卸ししましょう。

(EX:テレビを見ない、SNSをしない、だらだらyoutubeを見ない、これだけで1日に2〜3時間は時間が創出できます)

 

 

まとめ

 

今回の記事をまとめます。

 

  • 自分の望む人生を歩むために、夢を持つことは大切
  • 夢を考えることで自分の望む人生が分かる
  • 夢を考える時は、分不相応とか無視し、自分の欲望に正直に
  • 夢を明確にする → 夢を叶えるための具体的な計画を作る → 日々のタスクにし実行

 

 

夢を持つと、時間の使い方や価値観が一新します。 

 

 

生き生きした人生を歩むために夢と向き合ってみてください。

 

  • この記事を書いた人

hide

社会人をしながら、プログラミング学習・ブログ運営をしています。 社会人の学習の大切さや、趣味のコーヒーについてのコンテンツが多い人です。

-ブログ, 夢をみよう

© 2021 hide blog Powered by AFFINGER5