コーヒー コーヒー豆

コーヒー好きが推薦!おすすめのコーヒー豆を紹介(エチオピア編)

 

コーヒーに興味があるけど、インスタントもどれも同じだと思います。

 

そんなに美味しいコーヒーがあるなら納得のいく証拠をみせろ

 

 

こういう疑問に対して記事を書きました。

 

 

この記事の内容

  • 本格的なコーヒーがわかる
  • コーヒー好きがおすすめする一杯目に飲んで欲しいコーヒーを紹介

 

 

この記事の信頼性

元々、コーヒーは好きではありませんでしたが、一杯の出会いからどハマり中

今では、自家焙煎、ラテアート、ブレンド作成、手広くなんでもやってるコーヒーオタクに成長中

 

 

コーヒー好きがおすすめのコーヒーを紹介

 

結論からいいます。

 

 

エチオピア・イルガチェフェをおすすめします。

 

 

理由は、わたしをコーヒーの世界に引きづり込んだ犯人だからです。

 

 

また、わたしの周りのコーヒー好きからもダントツで評価が高いです。

 

 

わたしはこのイルガチェフェを飲んだことで、コーヒーの価値観が一変しました。

 

 

コーヒーは、ただ苦いだけのものだと思っていました。

 

 

でもイルガチェフェを口に含んだ瞬間、柑橘系の味とフレーバーにびっくりしました。

 

 

よくイルガチェフェは、レモンティ、ベリー系、完熟ピーチに例えられます。

 

 

まさに柑橘系フレーバーを代表するコーヒーなのです。

 

 

他にもコーヒーの楽しみ方について、こちらの記事で紹介しています

こちらもCHECK

(初心者から上級者まで)おすすめのコーヒーの楽しみ方を紹介します

続きを見る

 

エチオピア・イルガチェフェはどんなコーヒー?

 

次に、わたしがおすすめするコーヒー(エチオピア・イルガチェフェ)について、詳しく説明します。

 

 

アフリカのエチオピア・シダモ地方・イルガチェフェ地区産のコーヒー豆をイルガチェフェと一般的に呼びます。

 

 

このイルガチェフェは、現地の言葉で『湿地とその草』という意味を指します。

 

 

このイルガチェフェ地区を含むシダモ地方は、標高が2000mと高く、昼夜の寒暖差が大きいことから珈琲の栽培に適しており、独特で味わい深い珈琲ができます。

 

 

何より、エチオピアはコーヒー発祥の地で、アラビカ種の起源です。

 

 

今はメジャーとなったブルボン種も、エチオピアのコーヒーの木がブルボン島に渡り広がったもので、基はエチオピアのアラビカ種なのです。

 

 

よく、モカと混同されますが、モカとは、イエメンにあるモカ港から出荷されていた珈琲のことです。

 

 

モカ港から出荷されるコーヒーは、エチオピア産だけでなく、イエメン産の珈琲も含むため、モカ=イルガチェフェというわけではありません。

 

 

他の産地のコーヒーの特徴も気になる場合はこちらの記事が参考になります。

こちらもCHECK

(知らないと損する)コーヒーの産地ごとの特徴について解説します。

続きを見る

 

精製方法による違い

 

次に、このイルガチェフェですが、ナチュラル(非水洗式)とウォッシュド(水洗式)があります。

 

 

コーヒー豆は欠点豆の割合等でグレードが分かれています。

 

 

エチオピア産の珈琲はナチュラルが主流ですが、このイルガチェフェはウォッシュドが主となり評価も高い珈琲豆です。

 

 

G 1・G2グレードはウォッシュド、G3以下の豆はナチュラルという分類になります。

 

 

ナチュラルはG3であることからも分かる通り、欠点豆の数が比較的多くなります。

 

 

ただ、ナチュラルを飲んでください。

 

 

ナチュラルとウォッシュドでは同じ豆でも味が全くのべつものです。

 

 

ウォッシュドは、精製段階でミュシュレージが取り除かれるので、すっきりした味わいになり、欠点豆も少なくなる特徴があります。

 

 

ナチュラルは、ミュシュレージを残して精製されるので、欠点豆は多くなる傾向はあるものの、よりコーヒーのキャラクターが際立ちフレーバー感も高まります。

 

 

※ただし、欠点豆が入ると雑味が生じるので、ハンドピックではじく必要があります。

 

 

もし喫茶店等でイルガチェフェを見かけたら、少し高いかもしれませんが一度試してみてください。

 

 

コーヒーのおすすめの飲み方(こうすると一層美味しいよ)

 

わたしの独断と偏見にはなりますが、よりコーヒーを美味しく味わえる飲み方を紹介します。

 

  • 匂いを楽しむ
  • 舌で転がす
  • 冷めないうちに飲みきる

 

順番に解説します。

 

 

1:匂いを楽しむ

 

イルガチェフェは柑橘系の味わいもさる事ながら、フレーバー感も楽しめるコーヒーです。

 

 

匂いで概ねの味が想像できる程です。

 

 

この匂いを楽しまずに飲むのは、イルガチェフェに限らず、相当もったいないと思います。

 

 

匂いも楽しめるとスペシャリティコーヒーの味わい方もより深まります。

 

 

何より、これであなたもコーヒーオタク認定です。

 

 

是非、コーヒーの匂いを楽しんでみてください。

 

 

2:舌で転がす

 

よく、コーヒーの味がよくわからないと言われる方がいます。

 

 

昔のわたしも正直、あまりわかりませんでした。

 

 

でもコーヒーの味の違いに気がつかないのは、飲み方を知らないからです。

 

 

せっかくのコーヒーのキャラクターを味わえず飲んでしまうのはインスタントならまだしも勿体ない。

 

 

飲み込む前に舌で一度転がしてみてください。 色んな味が感じ取ることができます。

 

 

僕は、特にブレンドコーヒーを飲むときはどんな豆がブレンドされているのかを想像しながら舌で転がしています。

 

 

実際にこれだけで結構ブレンド内容も分かったりします。

 

 

イルガチェフェの柑橘系の味わいも是非、感じ取ってみてください。

 

 

3:冷める前に飲む

 

冷めると成分変化も関係し不味くなるからです。

 

 

どんなに良いコーヒーでも冷めたら正直価値はありません。

 

 

用事等でうっかり飲むのを忘れていて冷めたコーヒーを飲むと本当に残念なことになっています。

 

 

コーヒーは温かいうちに飲みほす! これは鉄則で守ってください。

 

 

まとめ

 

今回の記事をまとめます。

 

・最初の1杯目におすすめのコーヒーは、エチオピア・イルガチェフェ🇪🇹

 

※わたしを珈琲の世界に引き込んだ一杯(柑橘系フレーバー)

 

・ウォッシュドとナチュラルがあるが、ナチュラルがおすすめ

 

・飲むときは 匂いを楽しむ、舌で転がす、冷めないうちに飲む、これでより楽しめる

 

一緒にコーヒーライフを楽しんでいきましょう!

 

 

  • この記事を書いた人

hide

社会人をしながら、プログラミング学習・ブログ運営をしています。 社会人の学習の大切さや、趣味のコーヒーについてのコンテンツが多い人です。

-コーヒー, コーヒー豆

© 2021 hide blog Powered by AFFINGER5