コーヒー

(初心者から中級者まで)おすすめの家庭用コーヒー焙煎機5選

・珈琲の自家焙煎に挑戦してみたいけど、おすすめの焙煎機が知りたい

・ネットで検索したけど、沢山の種類がありすぎてわからない

 

こんな悩みに対して記事を書きました。

 

この記事の内容

・初心者から中級者まで、おすすめの焙煎機がわかる。

・焙煎機ごとにメリットやデメリットがわかる

 

こんにちは、 コーヒー大好き人間ドヒです。

 

社会人になってからコーヒーの魅力に取り憑かれてしまい

今ではコーヒー焙煎からラテアートもするという始末、、

 

完全にコーヒーの世界にどっぷり浸かっています。

 

今では、自家焙煎したコーヒーもその辺のお店に負けないレベルになっていますが

最初は試行錯誤しながら手探り状態でした。

当然失敗も沢山してきました。

 

この記事は、僕と同じように焙煎に挑戦しようとしているあなたに向けて書きました。

 

おすすめの家庭用コーヒー焙煎機の種類

先ずは、焙煎機について知っていきましょう。

 

焙煎機と言っても、本当に沢山の種類があります。

 

購入したあとで後悔しないように、最低限の知識を付けておきましょう。

 

焙煎機を大きく分けると次の通り分類できます。

 

  • 熱源別
  • タイプ別
  • 動力別

 

何を選択してもメリットもデメリットもあります。

 

出来るだけ購入後に後悔をしないよう、慎重に選んでみましょう。

 

一つ一つ解説していきます。

 

熱源別

 

ガス式

 

ガスコンロやカセットコンロの上で焙煎する方式です。

 

一番手軽で身近な焙煎方式になります。

 

メリット

・火力を調整できる

・ガスコンロがあれば、色んな焙煎機(ガス式に対応したもの)が使用できる。

・焙煎技術の向上で味が向上する

・焙煎機によってはある程度多い量での焙煎が可能

 

デメリット

・技術が安定するまで味が安定しない

 

 

電気式

 

電気を熱源として焙煎するタイプを指します。

電気式=自動式担っているものが大半です。

 

メリット

・自動的に焙煎ができて楽チン

・安定した焙煎が可能

・焙煎機によってはアフターバーナー(消臭機能)がついている

デメリット

・焙煎技術の向上はない

・一回分焙煎できる量が比較的少ない

 

 

タイプ別

 

 

焙煎は、ドラムの中の生豆に熱を加えて焼き上げる 工程を指します。

このドラムへの熱の伝わり方でも分類されます。

 

直火式

 

ドラムがメッシュになっていて、火が直接豆にあたるものを指します。

 

メリット

・上手く焼けたらとても美味しい味になる。

 

デメリット

・焙煎時にチャフやゴミが散らかる

・直接豆に火が当たるため、豆が焦げやすく煎りむらが生じやすい

・難易度が高く味の安定に工夫が必要

 

半熱風式

 

火が直接豆に当たらず、ドラムに火が当たるため、間接的に豆に火が当たるものを指します。

 

メリット

・味の再現性が高い

・煎りムラが生じにくい

・チャフやゴミはドラムから出ないので散らかりにくい

デメリット

・直火式と比べて味は平均的になりがち

 

熱風式

 

熱源がドラムとは別の場所にあり、熱風をドラムに送り込むものを指します。

 

メリット

・味の再現性が高い

・大量焙煎が可能

デメリット

・コストが高い

 

 

動力別

 

動力は、ドラムを回転させるための力のことです。

 

手動式、電動式、自動式に分類されます。

 

手動式

 

自分で焙煎機を降ったり、自分でハンドルを回したり、振ったりして焙煎する方式です。

 

メリット

・技術の向上で味が良くなる

・焙煎をしている

・比較的安価で機材が手に入る

デメリット

・疲れる

・常に手を動かしているので、記録を取ったりしにくい

 

電動式

 

電気でドラムが自動的に回転する方法、火力等の調節は必要

 

メリット

・焙煎が楽

・記録を取ったり、ダンパー操作したり、その他のことに専念できる

デメリット

・機材が高くなりがち

・メンテナンスが必要

 

自動式

 

ドラムの回転から火力等熱源の調整まで勝手にしてくれる。豆を入れてスイッチを押すだけで焙煎可能

 

メリット

・自動的に焙煎してくれるので、手間いらず

・焙煎の流れがプログラムされているので再現性が高い

デメリット

・微調整ができない

・焙煎技術の向上がない

・少量しか焙煎できないタイプが多い

・焙煎の流れが学習できない

 

このようにどのタイプを選んでもメリットとデメリットがあります。

 

手軽に焙煎を楽しみたいのか、焙煎技術を向上させていきたいのか、様々な要素で選ぶべきだと思います。

 

(初心者から中級者向け)おすすめのコーヒー焙煎機5選

 

次に具体的におすすめの焙煎機を紹介していきます。

※僕は、自動焙煎機は否定的なので、候補には入れていません。

自動焙煎機は、スイッチ一つである程度の味になる楽さはあるのですが、焙煎技術の向上はない上に、焙煎の行程もあまり理解できないと考えるからです。

 

初心者向け

 

マルカ 日本製 銀杏煎 豆煎器

 

 

ポイント

・熱源:ガス式

・タイプ:直火式

・動力:手動式

 

おすすめ理由は、何より手軽さ

値段も安価なので初心者が試しに使うにはもってこいです。

ただし、メッシュになっているので、焙煎時にチャフ 等で周辺が散らかることは覚悟しておきましょう。

 

 

 

 高儀 カフェパン

 

ポイント

・熱源:ガス式

・タイプ:半熱風式

・動力:手動式

 

おすすめ理由は、手軽さに加え、半熱風式なので難易度が低い点です。

蓋がダンパーの役割を果たし温度調整がしやすく、チャフ等も飛び散りにくいです。

個人的には、銀杏煎器よりおすすめです。

 

もう少し安いものをお求めなら、ダイソーの500円の片手鍋がおすすめです。

 

 

KALDI Coffee Roaster

 

ポイント

・熱源:ガス式

・タイプ:熱風式

・動力:電動式

 

おすすめの理由は、本格的な焙煎が体験できることです。

電動式なので少し値段は高いですが、一度この楽さを体験したら病みつきになりますよ。

一度に250g焙煎できるのも嬉しいですね。

 

 

 

中級者向け

 

 

ユニオン サンプルロースター

 

ポイント

・熱源:ガス式

・タイプ:半熱風式(直火式もあり)

・動力:手動式

 

おすすめポイントは、本格的な焙煎ができる点です。

 

何を隠そう、私もこの焙煎機にはお世話になりました。

 

こちらの記事で紹介しています。

こちらもCHECK

僕の使用してきた焙煎機を紹介(ユニオン サンプルロースター)

続きを見る

 

弱点として排気能力が弱いため、改造をする必要性も出てくるとは思いますが、カスタマイズできる点も含めおすすめです。

焙煎も一度に400gできます。

 

 

 

KALDI フォーティス

 

ポイント

・熱源:ガス式

・タイプ:半熱風式(直火式もあり)

・動力:電動式

 

おすすめポイントは、業務用と同じスペックで焙煎できる点です。

 

600g焙煎できることに加え、別売のチャフコレクターとセットで購入することで、排気機能も追加できます。

 

また、データロギングも可能なため、この一台で プロ顔負けの焙煎ができてしまいます。

 

僕は、実際に使用しているのでこちらの記事で紹介しています。

こちらもCHECK

(実際に使用したリアルがわかる)僕の現在使っている焙煎機(2台目)

続きを見る

 

 

私が現在、絶賛使用中の焙煎機です。

同じスペックの焙煎機を国産で探すと倍以上するので、とてもコスパが高く本格的な機体です。

 

 

 

 

まとめ

 

焙煎機と言っても、沢山の種類があるので特徴を知った上で、スモールスタートしてみましょう。

 

私は、 ①手編み →  ②フライパン → ③ ユニオンサンプルロースター  → ④KALDIフォーティス

この順番で焙煎機をステップアップしていきましたが、無駄がなく全て勉強になりました。

 

いきなり高い買い物をして後悔することがないよう注意し、コーヒーライフを楽しみましょう

  • この記事を書いた人

dohi

社会人をしながら、プログラミング学習・ブログ運営をしています。 社会人の学習の大切さや、趣味のコーヒーについてのコンテンツが多い人です。

-コーヒー

© 2021 dohi blog Powered by AFFINGER5