コーヒー

(初心者向け)ラテアートで失敗しない道具の選び方(これでOK)

 

ラテアートに興味があるけど、どんな道具をそろえたらいいのか知りたい。

あまりお金をかけたくないけど、失敗もしたくない。

 

こんな方に向けて記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、ラテアート歴3年で大会にも出場しています

 

ただ、ラテアートを始めた頃は、道具選びで時間とお金を無駄使いしました。

 

この経験から、失敗しないアテアートの道具の選び方を記事にしてみました。

 

この記事の内容

・ラテアート初心者がおちいる道具選びのワナ

・ラテアートをするために必要な道具一式

・低予算で失敗しないラテアートの道具

 

 

この他にもコーヒー好きな人に向けての記事はこちらです。

こちらもCHECK

おすすめのブレンドコーヒーの作り方について(引き出しを増やそう)

続きを見る

 

こちらもCHECK

(知らないと損する)コーヒーの産地ごとの特徴について解説します。

続きを見る

 

 

 

ラテアート初心者がおちいる道具選びのワナ

 

ラテアートの道具は最初から信頼できる物を選びましょう。

 

理由は、信頼がないと道具選びのワナにハマって時間とお金を浪費するからです。

 

 

最初はびっくりするくらいラテアートはかけません。

 

 

動画をみているとバリスタはあっさりかいているから楽勝だと思えます。

 

 

でも実際にやってみると、本当に上手くいかないです。

 

なんで動画と同じようにしてるのに僕はダメなんだろう、、

ミルクを浮かばせることだけで難しい。。

 

 

実は、かけない原因は道具ではない部分にあります。

 

ラテアートが描けない原因

  • スチームミルク作りの失敗
  • エスプレッソにクレマがない
  • ミルクを作ってから描くまでに時間が経過している
  • コーヒー豆が古い
  • ミルクを注ぐ対流の加減
  • ミルクピッチャーと水面が離れすぎ

 

ほんとに、数え切れないほど原因があるんですよ。

 

 

ラテアートは基本を身につけるまでが大変なんです。

hide

 

 

ラテアートは見た目ほど簡単にはいきません。 目に見えないテクニックが沢山あります

 

ところが、最初は原因がわからないので、ついついつい道具のせいにしがちです。

 

 

道具のスペックは十分なのに、不信感から道具探しに無駄な時間とお金を使う

 

これが道具選びのワナです。

 

 

僕も本当に多くの時間を道具選びに使いました。

今思うと完全に無駄な時間とお金でした。

hide

 

 

反対に、最初から信頼できる道具を揃えたら時間も浪費せずにすみます。

 

 

だから最初から信頼できる道具を揃えましょう。

 

 

ラテアートをするために必要な道具

 

次にラテアートを描くために必要な道具1式を紹介します。

※牛乳とコーヒー豆は道具でなく材料なので割愛します。

 

他にもあるといい道具はありますが、必要最低限に絞り込みました。

 

 

必要な道具一式

  • エスプレッソマシーン
  • ミルクピッチャー
  • ダンパー
  • ラテアート用カップ
  • コーヒーグラインダー(エスプレッソ用)
  • ノックボックス

 

 

ぶっちゃけ、かなり多いと思いませんか?

 

 

僕は、こんなに道具が必要なのかと軽くがっかりしたことを覚えています。

 

 

道具予算は、安価なモデルでも3万円〜4万円前後必要です。

 

 

本格的な道具になると、エスプレッソマシーンだけで10万円以上します。

1式で4万円は最低限必要な値段です。

hide

 

 

続いて、道具の役割について説明します。

 

 

エスプレッソマシーン

 

もうこれがないと始まりません。 絶対に必要です。

 

エスプレッソの抽出と、スチームミルクを作ることができます。

 

業務用、半業務用マシーンは10万円以上するので、最初は安価な家庭用マシーンの方が無難です。

 

ぶっちゃけ、業務用に比べ工夫が必要ですが、ラテアートは家庭用マシーンでも描けます。

 

 

ミルクピッチャー

 

絵で例えると筆にあたります。

 

ミルクピッチャーで、スチームミルクをエスプレッソに注ぐことでラテアートとなります。

 

ハートのような単調なものなら、どんなミルクピッチャーでも描けますが、スワンやウィングチューリップのような複雑なアートを描きたい方は慎重に選ぶべきです。

 

サイズもまちまちですが、家庭用としては12oz(360cc)のものがベストです。

 

20ozのものは、家庭用のエスプレッソマシーンはスチーム力不足でうまくミルクが作れません。

業務用マシーンをお使いの方ならありです。

hide

 

ダンパー

 

ポルターフィルター内に入れたコーヒーの粉を、押し固めるために使います。

 

この押し固める工程がないとエスプレッソ抽出ができません。

 

業務用は58mlですが、家庭用は51mlなのでサイズが異なります。

 

 

ラテアート用カップ

 

一般的なものマグカップでもラテアートはできますが、よりラテアートに特化したカップの方が描きやすいです。

 

ラテアート用のカップは、ミルクの対流が起きやすい設計になっています。

 

初心者の頃は、必ずラテアート専用のカップを探しましょう。

 

 

コーヒー用グラインダー(エスプレッソ用)

 

エスプレッソは、コーヒー豆を極細でグラインドしないと抽出できません

 

コーヒー豆を購入する際にお店でエスプレッソ用にグラインドしてもらうのも一つです。

 

ただし、コーヒーは粉にすると劣化速度も早くなるので、エスプレッソ用のグラインダーを一つ所有しましょう。

 

劣化した豆だと抽出したエスプレッソにクレマがでず、ラテアートが描きにくくなります。

 

コーヒーグラインダーは、エスプレッソに対応していない物もあるので注意が必要です。

 

 

一般的に、コニカル刃使用のグラインダーが、エスプレッソに適しています。

hide

 

 

ノックボックス

 

抽出が終わったエスプレッソのガラ入れです。

 

抽出が終わったガラは、散らかると厄介なので専用の入れ物があると便利です。

 

具体的には、ポルターフィルターを叩きつけて粉を落とすので、丈夫なものが望ましいです。

 

 

 

低予算でラテアートができる道具を紹介します。

 

次に、低予算でラテアートができる道具を紹介します。

 

先ほど説明しましたが、総額4万円前後で揃います。

 

エスプレッソマシーン:おすすめはデロンギ

 

 

 

エスプレッソマシーンはデロンギがおすすめです。

 

 

少し前のモデルになりますが、この1台で間違いないと思います。

 

おすすめポイント

  • エスプレッソの抽出もミルクのスチームも問題なくできる。
  • 比較的価格が安価(2万円前後)
  • 見た目もスタイリッシュ

 

注意ポイント

  • ノズルの改造が必要(改造しないとカプチーノができてしまう)
  • スチームが少し弱いので、工夫が必要

 

 

何を隠そう、僕が1台目として使っていたマシーンなのでラテアートができることは請け合います。

hide

 

 

難点は、スチームノズルを改造する手間が必要な点です。

 

 

もう少し価格が高くなりますが、スペックだけ見るとデロンギ・デディカの方がいいです。

 

デディカだとノズルを改造する手間も必要ありません。

 

 

 

 

ミルクピッチャー:おすすめはラトルウェア

 

 

おすすめは、超ど定番のラトルウェアです。

 

 

おすすめポイント

・安定したクオリティ

・ラテアート世界大会優勝者使用モデル

 

注意ポイント

・少し値段が高い

・現在、製造が終了している。

 

 

このミルクピッチャーを使ったら言い訳ができないほど、ラテアートに特化しています。

 

 

ただし、現在は製造が終了しているようです。

 

まだショップによっては販売されていますので、運よく購入できたら、是非使ってみてください。

 

 

ラトルウェアが手に入らない場合でも、やはりラテアートに適したモデルから選ぶべきです。

 

DaiichiのHPで本格的なものが紹介されていますので、できたらプロが使用している物を選ぶようにしてください。

 

 

 

ダンパー:おすすめはna

 

いろいろ使ってみた中で、一番安価で機能的にも良かったのがこのダンパーです。

 

 

もちろん、質を求めたらキリがありませんが、その分高額です。

 

初心者の方の入門機としておすすめできます。

 

家庭用マシーンに対応するダンパーのサイズは、51mmになります。

 

業務用に対応するダンパーサイズは、58mmなので間違わないようにしましょう。

 

入門機と言いながら、いまだに僕も使っています。

丈夫で安定しているので長く使える1台ですよ。

hide

 

 

ラテアート用カップ:おすすめはラブラミクス

 

 

間違いないのはラブラミクスです。

 

世界大会公認だけあって、ミルクの対流が起きやすい構造になっています。

 

少し値段が高いことがネックですが、これにしておけば間違いないです。

 

この他にもFBCラテボウルがラテアート用のカップです。

 

 

一般的なラテボウルのサイズは、 6oz〜8ozです。

 

ラテボウルのサイズは、7ozと8ozがありますが個人的には7ozの方が間違いないと思います。

hide

 

 

コーヒーグラインダー:おすすめはデロンギ(またはVARIO-E)

エスプレッソに対応したタイプで安価なものをピックアップしました。

 

静電気が発生しやすい点が難点ですが、エスプレッソ用の極細びきにも対応しています。

 

下手に高い物を購入するなら、この一台を持っておけば間違いないです。

 

もう少しスペックの高い物だと少し値段も上がりますがVARIO-Eもおすすめです。

 

 

ノックボックス

 

 

ノックボックスは、ガラ入れなのでどの製品も大きな違いはないです。

 

ただ、最低限考慮するべきポイントとしては

 

・ある程度容量があること

・頑丈なこと

・洗いやすいこと

 

この点だけ注意が必要です。

 

僕が使っているものは、リンクに貼った製品ですが、満足してますよ。

hide

 

 

いかがでしたか?

 

僕のおすすめの一式だと予算はざっくりこんな感じです。

参考

  • エスプレッソマシーン:2万円前後
  • グラインダー:1万円前後
  • ミルクピッチャー:4千円前後
  • ダンパー:3千円前後
  • ノックボックス:2千円前後
  • ラテボウル:3千円前後

 

 

エスプレッソマシーンも1万円前後の物もありますが、スペック的には2万円以上の方がおすすめです。

hide

 

 

ここで紹介した道具を使えば、じゅうぶんラテアートは描けます。

 

 

もし描けないのであれば、道具を疑うのではなく、次のポイントを見直してみましょう。

 

見直しポイント

  • スチームミルクをしっかり作れているか(特に撹拌)
  • コーヒー豆は新鮮か(クレマが出ないものはだめ)
  • エスプレッソ抽出、スチームミルクが完成してから描くまでに時間がかかりすぎてないか
  • ミルクピッチャーが液面から離れすぎていないか

 

 

このへんを解説するととんでもなく長くなるので、ラテアートの描きかたは別の記事で紹介します。

 

 

道具を揃えてもどうしても描けない場合は、基本だけは教室で教わるといいかもです。

僕も教室で基本を学んでから、どんどんレベルが上がって行きましたよ

hide

 

少しでも皆さんのコーヒーライフが充実すると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

hide

社会人をしながら、プログラミング学習・ブログ運営をしています。 社会人の学習の大切さや、趣味のコーヒーについてのコンテンツが多い人です。

-コーヒー

© 2021 hide blog Powered by AFFINGER5